ぎっくり腰・慢性腰痛

ぎっくり腰(急性腰痛)

重たい荷物を持って、前傾姿勢から急に腰を反る事で発生するケースが多いです。
ぎっくり腰の御客様は、胴体周りの筋肉・筋膜組織が炎症を起こしている可能性が高いので、施術の際は、腰には直接触れたりしません。
gikkuri01.jpg

寝るのが辛い御客様には座位の状態で施術していきます。

ぎっくり腰改善には、最初は毎日or1日おき位の頻度で来て頂きたいです。痛みが消えてもぎっくり腰が起こりづらい体造りをお薦めします。

また、ヘルニアや慢性腰痛にもなりやすいのでしっかり体質改善する事をお勧めします。

ぎっくり腰の施術目安

必要な施術回数目安 ・・・1クール(6回)~2クール
痛みが引くまでに・・・1~3回目安
理想の施術頻度:毎日~2日おきペース

改善までの目安・・・6回~12回
痛みが和らいで来たら、徐々に間隔を開いていきます。
痛みが取れても根本を改善しないとぎっくり腰は繰り返します。
体質改善は個人差ありますが、定期的に通う事をお薦めします。

注意事項
(急性腰痛発症初期は以下は絶対にしないでください)

・お風呂に入らない(温めない)
ギックリ腰は、患部を傷めたことで炎症を起こしています。温めることで炎症がより強くなる可能性があります。

・腰のマッサージ・指圧をうけない
胴体周りの筋肉や筋膜が炎症起こしてるので、直接マッサージ等は余計に悪化する場合があります。

・腰を動かすことをしない
とにかく安静にしておくことです。

慢性腰痛

以下のどれかに当てはまりませんか。

寝起きにジーンとした痛みあり
座った状態が続くと痛い
立ち上がった時に痛い
前屈すると痛い
後屈すると痛い

腰痛には様々な原因があります。
骨盤、背骨の歪みや筋肉のコリが大半です。

痛みが引くまでに・・・3回~12回
改善までの目安・・・1クール~2クール(6~12回)

重度の場合・・・2クール~3クール(12~15回以上)
(腰椎ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎分離症・すべり症)かかるケースもあります。しっかり継続されてる方は重たい腰痛でも改善しております。

改善までの経過初回からかなり楽になることが多いですが、遅い場合でも3回目位から改善効果を実感でき、施術ごとに痛みの程度が減ってきます。最初の内は改善スピードが遅くても4回~5回目から急激に回復してくるケースが意外と多いです。
youtuu01.jpg

tizu.png